法改正による変化


借地権は、建物を建てるために土地を借りたときに発生する権利で、どの程度まで建物の存在を土地を持っている地主に対して保証できるかを定めることが出来ます。契約が決まれば、契約期間が過ぎるまでは、建物を急に取り壊されるなどの心配もありません。借地権は時期によって種類が変わり、1992年8月以降に借りた土地は、借地借家法という新しい借地権で保護されることとなります。

借地権の種類が増えたのは、1992年に法改正が行われたことが関係しています。それ以前に使われていた旧借地権では、長期に亘って借地人が土地を自由に使用することが出来、地主にとっては不利な要素が多かったといわれています。そのため法改正を気に契約期間の見直しが行われ、昔よりも地主が土地を自由に管理運営できるようになりました。建物を建てたい側によってはふりに感じるかもしれませんが、条件次第で負担を減らして大きな利益を得ることも出来ます。

現在新たに土地を借りる際は、借地借家法が適用されるので、昔の法律なんて覚える必要があるのかと思う方もいるかもしれません。確かに自分には関係ないことを学ぶことは面倒に思うかもしれませんが、旧借地権が適用された建物を遺産相続するなど、急に昔の知識が必要になることも十分ありえます。さらに今後新たに法改正が行われ、旧借地権についての取り扱いが変化するとも限りません。そうした時代の変化に合わせられるようにするためにも、不動産に関する法律については、ある程度目を通しておいて損はないでしょう。