種類ごとの違い


借地法は土地を借りて建物を建てる際、どの程度の期間建物を経て、契約が完了したら建物をどうするのかを決める上で必要な権利です。現在は借地借家法に基づいて土地や建物を管理することになるのですが、借地借家法には5種類の借地権が存在します。それぞれで契約内容は異なり、建物のタイプに応じて使い分けることになるので、契約する際はどれが最も適しているのか、前もって確認しておきましょう。

借地借家法の借地権には特徴があります。普通借地権の場合、更新を続ければ半永久的に建物を建てる事が出来ますが、定期借地権の場合、更新期間に応じて建物を処分したり、建物を買い取ってもらったり、一時的に返却します。例えば低地借地権なら、50年以上の契約期間を最初に設定し、完了したら建物を取り壊します。工事中の仮説事務所やプレハブ小屋も、一次使用目的の借地権によって、一時的に存在を保証してもらうことが出来、急に取り壊されるなどのトラブルを心配することもなくなります。

借地権の種類は、どんな目的で建物を建てるかで分けられます。事業用定期借地権の場合は、商業施設などの建設のために土地を借りるときに使われ、10年以上50年未満の契約期間が設定されます。定期借地権では、住宅用途として土地を賃借するために用いられ、一戸建て借家やマンションなどに使われる借地権とされています。借地権により契約が結ばれれば、安心して建物を所有することが出来るでしょう。