借地権の種類


自分たちの住まいを建てたり、不動産投資を行いたい場合、当然土地が必要になります。手元に土地がない場合、新たに購入するか、土地を所有している方から借り入れる必要がありますが、他人から土地を借りる権利のことを借地権といい、建物のタイプや、建物の売却方法などに応じて、必要な借地権が変わってきます。借地権の種類を把握しておくことも、建物を所有する上で非常に重要なことなので、前もって勉強しておきましょう。

借地権は大きく分けて2種類あり、旧借地法と借地借家法があります。旧借地法は1992年8月以前から土地を借りている方に適用される法律で、これから土地を借りるという方に関しては、それほど関係は無いと思ってよいでしょう。借地借家法は、更に5種類に分類することが出来、例えば更新を行うことで、半永久的に土地を借り、住居として使い続けることが出来る普通借地権、50年間の契約期間で、完了後は更地にして変換する定期借地権といった具合に、対象となる建物や契約期間などに応じて借地権を使い分けることになります。

借地借家法が制定されたあとなら、旧借地権は無関係だと思う方もいるかと思いますが、遺産相続などで旧借地権が適用されている状態で所有している建物などを相続することもあるので、まったく基礎知識を覚える必要がないとも言い切れません。旧法の内容は、更新することで半永久的に借りられる普通借地権と似た条件となっていますが、契約期間が木造など、鉄骨、鉄筋コンクリートと、素材ごとに最低限数と最大年数が変わってきます。不動産を新たに所有することになった際は、土地を借りた時期がいつか確認したうえで、どの種類の借地権が適用されているのか、事前に調べるようにしてください。